糖尿病の治療_血糖自己測定 糖尿病の克服

糖尿病の治療_血糖自己測定
糖尿病の治療は、血糖をコントロールすることが基本です。
しかし、血糖の動きは、いつも一定とは限らず、薬を使っていると、さらに複雑になります。
特にインスリン療法では、血糖の状態によってインスリンや食事の調整が必要なので、きめ細かいチェックが必要です。
そこで、日常生活の中で、自分でチェックできるようにしたシステムが、血糖自己測定(SMBG)です。
自分で測ってみると、いろいろなことが発見できます。
日常の行動が血糖に及ぼす影響や、病状との関係など、理解が進むにつれて治療にフィードバックする内容も充実していきます。
その結果、血糖のコントロールも良くなり、低血糖や合併症の発症を防止できるなど、さまざまなメリットが出てくるのです。
血糖測定を行う場合、2つのポイントがあります。
1つは、コントロール状態を把握するのに、1日24時間の血糖の動きを知るということ。
もう1つは、食事・運動・ストレスなどで血糖は大きく変動するため、これらの影響を中心にチェックするということです。



最近は、血糖値測定器の進歩発展はめざましく、小型軽量で使いやすい機種がいろいろ出始めました。
血液をブドウ糖酸化酵素に反応させ、電流で測るタイプ「=電極法」と、試験紙の色で測るタイプ「=試験紙法」、尿酸測定法などがあります。
また、「ケトン値も測定できる機種」「音声確認機能付き」「痛みの少ない減圧式採血機式+指先以外でも計測可能」「針とチップを備蓄できる機種」「測定が早い機種」「結果を大量に記録できる機種」などがあります。
それから、「測定器のレンタルサービス」もあります。
さらに、最近のニュースでは、採血せずに血糖値を測定できる装置が、いろいろと開発中で実用化に向けて進んでいるということです。
「レーザー光を利用するもの」「特殊なセンサーを搭載したもの」「組織液による測定を行うもの」などです。
従来の痛みや手間・消耗品リスクなどを大きく軽減できる測定器が、早く実用化されることが切望されています。


糖尿病ライフパーフェクトマスター
inserted by FC2 system